何度でも体入OK!?新宿の昼キャバ「SAGA(サーガ)」の紹介

新宿の昼キャバ「SAGA(サーガ)」基本情報

画像引用元:https://www.tainew.com/shop/view/4885/

住所 東京都新宿区歌舞伎町1-3-15 ザ・カテリーナビル2F
電話番号 090-4513-7178
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜定休日
その他情報 ネイル自由 寮完備

昼キャバ・SAGA(サーガ)の開店時間は午前10時。
朝キャバだと早朝5時から開店しているお店もあるので「早起きが苦手」な女の子にはキツいですね。
でも午前10時なら早すぎず遅すぎずの絶妙な時間帯なので、女の子の勤務も楽々です。
オープンしたばかりの新店なので店内は床もテーブルも壁も綺麗。
綺麗なのはインテリアだけではなく人間関係も同様で、先輩や後輩などの上下関係、派閥、新人いじめなど人間に関するトラブルが少ないので、仕事だけに集中できる環境です。
新店の場合「みんな同期」なので、上下関係や新人いじめはあり得ません。

SAGA(サーガ)の良いところ

昼キャバ・SAGA(サーガ)は「何度でも体験入店(体入)できる」「専属のヘアメイクが常駐している」「女の子のための寮完備」など手厚い福利厚生や嬉しい制度があります。
有利な条件で働きたい女の子はSAGAをチェックしてください。

①何度でも体入できる

体入(体験入店)は面接後に「実際にお店で働いてみて、仕事やお店に合うかどうか見極める」ために行われます。
いわばお試し入店ですが、この体入は基本的に一晩で、多くても二晩が限界です。
僕が店長だったときも一晩様子を見て「採用・不採用」を決めていました(もちろん女の子から断られることもありましたよ)。
ところがSAGAでは、驚くことに何度でも体入ができます。
何度もいろんなお店で体入を繰りかえす女の子は「体入荒らし」と呼ばれてお店から嫌がられるのですが、SAGAは違うようです。
「納得できるまで何度でも働いて、それから決断してください」ということなのでしょうね。
一番大事なのは女の子が「ここで働きたい」と納得できるかどうかなので、女の子本位のかなり良心的なお店なのです。

②専属ヘアメイクさんがいる

SAGAはドレスを着てお客様を接客するスタイルのお店です。
ドレスを着用すると靴やポーチなどほかの小道具も揃える必要がありますし髪型やメイクも普段通りではミスマッチです。
そこでSAGAにはお店専属のヘアメイクが常駐。女の子がお店に出る前にしっかりヘアメイクを整えてくれます。
自分で髪型をセットするのは意外とむずかしく、失敗することもあります。
僕の経験ですが、自分で髪型とメイクを整えていた女の子が、ある日美容師さんにセットしてもらったらお客様からの指名が増えたことがあります。
それくらいヘアメイクの力は大きいので、専属メイクさんがいるのは心強いですよ。

③寮も完備

正直な話専業キャバ嬢は、住む場所を探すのにずいぶん苦労します。
水商売の女の子に部屋を貸してくれない不動産仲介業者も多いのです。だから地方から上京してキャバクラに勤務したい女の子が最初に悩むのが「住む場所」。
キャバクラ側もそのあたりの事情は熟知しているので、お店によっては寮を完備しているところもあります。
SAGAも寮を完備しているお店のひとつ。寮があるので地方から上京してくる女の子はもちろん、一人暮らしがしたい女の子にもおすすめです。
どういう場所にどんな寮を用意しているか、詳しいことは面接でしっかりチェック。
今はオートロックのマンション寮を用意しているお店が多いけど、実際どんな寮かは自分の目で確かめてください。

こんな人におすすめ

昼キャバ・SAGAは以下のような女の子におすすめ。
とくにキャバクラ未経験者で、何回か体験入店してみてじっくり決めたい女の子が向いています。

何度か体験入店してから入店してみたい人

この業界では、面接に合格するといきなり正式入店ではなく体験入店に進みます。
一晩だけお試しで女の子が働けるシステムですが「一晩じゃ自分に合っているかわからないだろうから、二晩にしてあげるよ」というお店はあります。
ところがSAGAは何回体験入店してもOKを謳っているのがすごい!
下手をすると「体入荒らし」をされかねないリスクも。お店としては「女の子を信用している」ということなのでしょう。
女の子の側からすれば一週間でも二週間でも連続して体験入店してもOK。
だから「このお店なら安心」と、しっかり納得した上で入店できるのがメリット。
SAGAは女の子第一のお店なのです。

ノルマもなしで、自由に働きたい人

SAGAは厳しいノルマゼロ。昼キャバと夜キャバの違いについて考えると、やはりお客様の入り方に差があります。
夜営業のキャバクラよりも昼間っからお酒を飲むお客様は少ないので、これは仕方がないことです。
そこで昼キャバは夜キャバに比べてノルマが緩い、またはノルマのないお店が多いです。
厳しいノルマを課しても達成できないようでは意味がないですからね。
ノルマなく自由に働きたい人は朝キャバや昼キャバが狙い目。SAGAにはノルマがないのでのびのび働けますよ!

まとめ

・SAGA(サーガ)は新宿・歌舞伎町にあるキャバクラのなかでも珍しい「何度でも体入OK」の昼キャバ
・SAGAは専属のヘアメイクが常駐しているので自分で髪型やメイクをセットする必要なし
・ノルマもなく自由に働けるうえに新店なので人間関係も楽